志望動機の書き方例文【介護職の場合】

志望動機の書き方例文【介護職の場合】

スポンサードリンク



志望動機の書き方例文【介護職の場合】

介護職

介護職の志望動機例文@

5年間、介護度の高い利用者様がいる施設で介護経験がございます。5年間、無遅刻無欠勤でしゃにむに働いてきたことで、重介護のキャリアやスキルを身につけることができました。5年間の仕事経験で学んだことは、「1人の力でできることなど限られている」ということです。これほどチームワークと連携が重視される業界はないと思います。利用者様の安全を守るために、チームワークと連携と最大限に活かし、常にまわりのことを考えて協調性を持って仕事を進めることができます。入社後は、即戦力として業務に貢献できると思いますので、何卒、よろしくお願い致します。

介護職の志望動機例文A

介護施設で仕事をしてきた8年間のうち、6年間、認知症フロアを担当してきました。認知症フロアで最も重視していた課題は、利用者様の安全を第一に考えることです。ちょっと気を抜けば取り返しのつかない事故が起こる現場なので、いつでも万全な体制がとれるように配慮しました。万全な体制がとれることで心に余裕が生まれるので、事故を防止するための細かい部分にも気付けるようになるのです。上司からも他の職員が気付かないところに気付くので、助かると何度も褒められたことがあります。私の祖母は私の不注意でベッドから落ちて大怪我をさせてしまいました。学生時代の話なので、プロではなかったので仕方がないと言えばそれまでですが、その辛い経験が今の私を作ったのかもしれません。これからも利用者様の安全を第一に考えられる仕事をしていきたいと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


スポンサードリンク



介護職の志望動機例文B

介護職の仕事経験が7年ございます。私がこの仕事を選んだ理由は、とにかくご年配の方と接するのが好きだからです。介護職として就職する前も、ボランティアで毎週のように介護施設に通っていました。学生時代に習得したパントマイムを披露し、おじいちゃんやおばあちゃんのファンがたくさんいました。そのまま、ボランティアをしていた介護施設で正社員として就職を勧められ、ありがたく就職させていただくことになりました。就職してからは毎日が充実していました。私にとって利用者様を介助し、接することは楽しみのようなものなので、まったく仕事という感じはありませんでした。もちろん、仕事としての責任感は人一倍強く持っています。今回、貴社の求人に応募した動機は、重介護や認知症のスキルを磨きたいと思ったからです。何卒、よろしくお願い致します。

介護職の志望動機例文C

私は、介護施設に就職し手痛い洗礼を受けました。緊張もあり、利用者様とうまくコミュニケーションがとれず、気持ちを理解することもできませんでした。その結果、利用者様から怒られてしまうこともありました。しかし、そこで諦めず、真心を込めて向き合えば、いつか絶対に認めてもらえると信じ仕事を続けてきました。その結果、新人の頃に激怒された利用者様からも、成長したとお褒めの言葉をいただけるまでになれました。現在、介護職に就いて4年目ですが、さらなるスキルアップのために貴社への転職を決意しました。貴社の画期的な介護システムに感銘を受け、私の経験を活かし、役立てることがあると思い、応募させていただきました。どうぞ、よろしくお願い致します。


スポンサードリンク



介護職の志望動機例文D

私の介護職におけるテーマは、苦手なことから逃げずに克服することです。今年で介護の仕事5年目になりますが、新人の頃は、とにかく利用者様のご家族とコミュニケーションをとるのが苦手でした。どのように接すれば良いのか分からなくなってしまったのです。しかし、ある先輩から次のように教えられ、苦手意識を克服することができました。「利用者様のご家族は、利用者様よりも、不安や心配などの負担が多い。だからこそ、配慮が必要」この言葉をもらってからは、私のご家族に対する考え方が変わりました。少しでも不安や心配を少なくできるように接するのが私の使命だと思ったのです。苦手意識がなくなると、不思議なくらい利用者様のご家族と上手にコミュニケーションがとれるようになりました。苦手意識を持つことが距離感を遠ざけてしまっていたのかもしれません。苦手なことを克服することで、人は成長できるのだと学びました。私の現場での経験を活かし、是非とも貴社の施設で活躍したいと熱望しております。何卒、よろしくお願い致します。

介護職の志望動機例文E

ケアマネージャーの経験が11年あります。私がケアマネージャーとして大切にしてきたことは、利用者様との信頼関係です。利用者様から信頼してもらうためには、質の高いサービスを安全に提供することが必須だと思っています。いかにコミュニケーション能力が高くても、中身の技術や知識がなければプロとは言えないと思います。中身がなければ、当然、他の介護スタッフからの信頼も得ることができません。経験年数が多いだけの職員にならないように、日々、努力を怠らずに精進してまいりました。今の私があるのは、信頼してくれた利用者様や同僚のおかげだと心から感謝しております。今後も、チームワークと連携を重視し、あらゆる角度から質の高いケアプランを生み出していきたいと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


スポンサードリンク





営業職 事務職・専門職 販売職 職業別 書き方のコツ