志望動機の書き方|アルバイト|採用される!9つのアピールポイント

志望動機の書き方|アルバイト|採用される!9つのアピールポイント

スポンサードリンク



志望動機の書き方|アルバイト|採用される!9つのアピールポイント

アルバイト

アルバイトの場合の採用される!志望動機の書き方を、分かりやすくご説明させていただきます。

1、自宅がアルバイト先から近いことをアピールする

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの1つ目は、自宅がアルバイト先から近いことを積極的にアピールすることです。アルバイト先からしたら、自宅が近いというのは非常に大きなメリットとなるのです。

アルバイト先が自宅から近い最大のメリットは、急に他のアルバイトが来られなくなり、シフトに穴が空いてしまった場合でも、ピンチヒッターとして、すぐに駆けつけてもらうことができる点です。自宅が近ければ近いほど、緊急性の高いお願いにも応えてくれる可能性が高いので、重宝されるのです。

2つ目のメリットは、交通費を支給しなくて済むという点です。アルバイト先が自宅から近ければ、徒歩や自転車で通勤することができるので、余計な交通費がかからないから喜ばれるのです。


スポンサードリンク



2、お店の常連さんで頻繁に利用していることを伝える

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの2つ目は、アルバイト先のお店の常連さんで頻繁に利用していることを伝えることです。アルバイト先の採用担当者としては、なぜ、うちの店を選んだのか?その理由が気になるのです。

「時給が高いから」という待遇面の理由だと印象が悪くなってしまうのです。なぜなら、時給の高さが目当てで応募してくるアルバイトは、短期間で仕事に飽きてしまう辞められてしまうケースが多いからです。

その点、常連さんで頻繁に来店するほど、お店のことが好きなら、仕事も魅力的だと思ってくれると推測することができるので、仕事に飽きて短期間で辞められてしまうリスクが低いので、良い印象を与えることができるのです。


スポンサードリンク



3、勤務できるシフトを多めに言っておく

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの3つ目は、勤務できるシフトを実際よりも多めに言っておくという点です。これは少し、ずるいやり方なのですが、採用されるためには効果的なテクニックなので実践する価値はあると思います。

アルバイト先からすれば、もちろん、できるだけ多くのシフトに入ってくれる人の方がありがたいのです。週に1回か2回しか出勤できない人よりも、週に3回、4回、5回出勤してくれる人の方を優先して採用したいと思っているのです。

だからこそ、実際は無理でもシフトを多めに言っておくのです。言うのは自由ですからね。そして採用された後に、最初の頃は少しだけ頑張って週に4回や5回でも仕事を覚えるまではシフトを増やしておきましょう。

そして、数週間経過して、すべての仕事を覚えてしまったら、徐々にシフトを減らしていき、本来の理想的なシフトの量に抑えれば良いのです。仕事をすべて覚えてしまえば、アルバイト先からも重宝されるので、シフトを減らすというワガママも聞いてくれるのです。

もし、それでアルバイト先から「最初の話と違う」と指摘されたら、「学業が忙しくなったから、家の手伝いが増えてしまったから、資格を取得する時間が欲しいから」といった感じで、やむを得ない嘘の理由を伝えておけば良いのです。要するに、採用されてしまえば、こっちのもの!ということです。1度採用したら、簡単にはクビにすることもできないですからね。仕事をすべてこなせるようになれば、尚更です。

4、土日祝日も勤務できることをアピールする

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの4つ目は、実際には無理でも、土日祝日も出勤できることをアピールする点です。どのアルバイトも、やはり土日祝日は休みたいと思っているので、アルバイト先としては、土日祝日に出勤してくれるアルバイトは非常に助かるのです。

だから、実際には無理でも土日祝日に出勤することが可能ですと伝えると、採用してもらえる確率が飛躍的に上がるのです。もちろん、まったくの嘘だと、さすがに気まずいことになりますが、採用後の数週間は我慢して、土日祝日も出勤するようにして、すべての仕事がこなせるようになった時点で、少しずつ土日祝日の勤務はお断りするようにしましょう。

アルバイト先から理由を聞かれたら、「土日祝日は、就活をしなけれがいけないから、家の仕事を手伝わないといけないから、子供の面倒を見ないといけないから、」などと適当な理由を言えば、問題ないでしょう。

要するに、最初だけ土日祝日も頑張って出勤して、徐々にフェイドアウトするように平日勤務だけにすれば、完全に土日祝日勤務を無くすことができるということです。仕事を覚えて戦力になることができれば、途中で土日祝日勤務ができなくなってもアルバイトを辞めさせられることはないのです。

5、過去のアルバイト経験から能力や真面目さをアピールする

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの5つ目は、過去のアルバイト経験から仕事で貢献できる能力や、真面目で誠実な部分をアピールすることです。まったくアルバイトをした経験がない人よりも、過去にアルバイト経験をしている人の方が採用率は高くなります。

過去のアルバイト経験で吸収した能力や真面目な部分を具体的なエピソードでアピールすることができれば、さらに好印象を与えることができるでしょう。できれば、過去に経験したアルバイトでの仕事経験を、次のアルバイトで活かすことができる根拠を伝えるようにしましょう。

まったく別の業界の経験しかなくても大丈夫です。どんな仕事でも別の業界でも必ず、仕事には共通点があるからです。その共通点を見つけて、応募するアルバイトの仕事に関連付けることができれば、過去の経験やスキルを活かせるというアピールをすることができるのです。

誠実さや真面目さをアピールする時は、過去のアルバイト経験で実際に起こったエピソードを出して効果的にアピールしましょう。

例えば、

「無遅刻無欠勤で、他の人が急に休んだ時でもピンチヒッターとして、意欲的に出勤し、お店を助けました。」

「指導係として、新人のアルバイトに仕事を教えました。丁寧で教え方が上手いと高い評価を受けました。」

というような具体的なエピソードを出すことで、採用担当者は、あなたという真面目で誠実な人物像をイメージしやすくなるのです。

6、アルバイトを短期間で辞めない説得力のある理由を伝える

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの6つ目は、短期間で辞めない説得力のある理由を伝えることです。こんな時代ですから、アルバイト先の会社も、アルバイトの人材を確保するのが難しくなっています。

いくら時給を高くして待遇を良くしても、最近の若者は将来の就職につながらないような興味のないアルバイトはしない傾向が強いからです。そのような背景があるから、アルバイトを採用する時は、できるだけ長期で働いてくれる人を優先したいと思っているのです。

アルバイトを採用して、数週間かけて仕事ができるようにするまでにも人件費や時間がかかるので、そういった意味でもミスマッチの人選は避けたいのです。では、どうしたらアルバイトを短期間で辞めない説得力のある理由を伝えることができるのでしょうか?

ベストは、過去のアルバイト経験で1つの勤務先に長く勤務していた事実をアピールするのが一番なのですが、なかなか、1つの職場で長く働いた経験をお持ちの方も少ないでしょう。

そんな時は、例えば、

「学費を稼がないといけないので、長期的にアルバイトをしたいと思っています。」

「子供の保育料を捻出しないといけないので、長期間の契約でアルバイトを希望します。」

このような理由というか事情を伝えることで、長期的にアルバイトを続けてくれるだろうと採用担当者に信じ込ませることができるのです。

稼がないとマズイ状況であることを具体的にアピールすることができれば、「短期間で辞めるかも?」という採用担当者の不安を拭い去ることができるのです。

7、アルバイト先の要望に応えられる旨をアピールする

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの7つ目は、アルバイト先の要望に応えられる旨にアピールをすることです。募集要項や求人内容には書かれていないことでも、面接を受けてみたら、いろいろと要望があったりするケースが多々あります。

もちろん、許容範囲内で聞き入れることができるなら、できる限り要望に応えてあげるようにしましょう。アルバイト先の要望を聞き入れてあげることで、「この人は扱いやすい人材だ!」という高い評価をしてもらうことができるのです。

しかしなら、このような形で採用してもらったら、この先もずっとアルバイト先からの要望に応えないといけないのでは?と考えてしまうでしょう。しかし、そのような心配は無用です。とりあえず、採用されてしまえば、簡単に解雇することはできないので、採用後は、嫌な要望は遠慮することなく拒否しても大丈夫です。

長期的に働いて仕事ができるようになれば、アルバイト先は、あなたに辞めてもらっては困るので、無理な要望はしてこなくなります。

8、コミュニケーション能力、協調性、チームワークは高く評価される

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの8つ目は、コミュニケーション能力や協調性やチームワークを大切にできる点をアピールすることです。接客業やサービス業はもちろんのこと、それ以外の業界でも、どんなアルバイトでも、この3つの能力は絶対に必要となります。

お客様と直接関わらない仕事でも、バイト仲間や店長や社員たちとコミュニケーションがとれないと仕事になりません。また、チームワークを大切にすることができずに、身勝手な行動ばかりとるようなら、やはり長くは続かないでしょう。

これは就職して正社員になってからも必要なスキルとなるので、アルバイト経験をすることで、将来のために身につけておきましょう。

9、体力と忍耐力があることをアピールする

アルバイトの場合の採用される志望動機の書き方、アピールポイントの9つ目は、体力と忍耐力があることをアピールする点です。これもコミュニケーション能力などと同様、仕事をする上でなくてはならないものです。

運搬や仕分けや清掃など体力を使うような仕事は当然、体力が要となってきますし、ガテン系の仕事じゃなくても、忍耐力は必要になります。体力や忍耐力があることをアピールする効果的な方法は、やはり過去のアルバイト経験で、どれだけの実績を残してきたか具体的なエピソードで伝えるのが一番でしょう。

過去にアルバイトも働いた経験もない場合は、学校での部活やサークルやボランティア活動などのエピソードで貢献したことを伝えましょう。

例えば、

「前職のアルバイトでは、2年間、シロネコヤマトで仕分け作業に従事しておりました。クール便の重い荷物を敏速に仕分けるのが得意でした。」

「学生時代は陸上部に所属していました。長距離走が得意でした。コツコツとトレーニングを毎日続けるのが好きです。体力はもちろん忍耐力にも自信があります。」

といった感じでOKでしょう。


スポンサードリンク





営業職 事務職・専門職 販売職 職業別 書き方のコツ