志望動機の書き方【会社訪問をした方が良い理由とは?会社のメリットではなくデメリットを知ることが重要?】

志望動機の書き方【会社訪問をした方が良い理由とは?会社のメリットではなくデメリットを知ることが重要?】

スポンサードリンク



志望動機の書き方【会社訪問をした方が良い理由とは?】

会社訪問

会社訪問をすることでワンランク上の志望動機が書ける?

新卒でも中途採用でも、就職したい会社を訪問することは、非常に有意義なことです。会社のホームページや資料では分からないことばかりだからです。基本、会社のホームページには良いことしか書かれていません。就職や転職をする上で、もっとも知っておくべきは、会社のメリットよりもデメリットの部分です。

会社訪問をして社員の表情を見たり、話を聞いたりすれば、ホームページには書かれていないデメリットを知ることができるのです。この会社で仕事をするためには、このような辛さやマイナスが部分があると理解してから就職するのと、まったく知らないで就職するのとでは雲泥の差が生まれるのです。

デメリットもしっかりと理解して、それでも就職したいと思うなら、入社してからも後悔することはないでしょう。その反面、会社のメリットや魅力しか知らないで入社してしまえば、働き始めてからのマイナスのギャップの耐えられなくなり、すぐに辞めたくなってしまうのです。

また、書類選考に合格するための志望動機を書く時も、会社訪問した経験は非常に役立ちます。会社はすぐに辞めてしまうような人材を求めていません。すぐに辞めてしまえば、投資した経費を回収することもできないので、会社は大打撃を受けてしまうのです。

だからこそ、事前に会社訪問するくらい真剣に就職を考えていて、且つ、デメリットやマイナスの部分も理解していれば、短期で辞められることもないと採用担当者は安心できるのです。もちろん、自分はしっかりと企業研究して、あなたの会社のことを理解しています。

というアピールを志望動機でしっかりとすれば良いのです。そうすれば、他の応募者とは一味違うワンランク上の志望動機を作成することができるのです。ここが会社訪問した人としていない人の圧倒的な違いです。


スポンサードリンク



会社訪問しただけでは意味がありません。

応募者の中には、会社訪問したことを志望動機に書いたり、面接で言いたいからという理由で、中身のない訪問をしてしまう方がいます。これは非常にもったいないことだと思います。就活でも転活でも、時間は限られています。

その貴重な限られた時間をつかって会社訪問するわけですから、中身がなければ意味がないし、アピールの効果も薄まってしまうのです。会社訪問なんて時間を作って行動すれば誰だってできることなのです。

肝心なことは、訪問したことが目的ではなく、しっかりと社員から話を聞いて、仕事の裏側や職場の人間関係まで把握することです。そこまで聞かなければ、せっかく貴重な時間をつかって会社訪問した意味がないのです。

そういったことを把握すれば、もしかしたら、この会社はミスマッチだったと気付くかもしれません。そうすれば、ミスマッチの就職や転職を避けることができるのです。これは応募者にとっても会社にとっても利益のあることなのです。


スポンサードリンク



OBやOGにお願いしてみましょう

会社訪問して図太く、きわどい質問ができる性格なら、どんな会社でもガツガツ訪問することができますが、そうじゃない控えめな人にとっては、無理な話かもしれません。まったく知り合いもいない会社に出向き、紹介者もいない中で、現役の社員にいろいろな深い質問をするのは思っているよりも難しいことですからね。

場合によっては不愉快に思われて注意をされてしまうかもしれません。もし、図太く話を聞くのが苦手な人は、OBやOGにお願いしてみましょう。卒業した先輩が就職している会社なら、事前にお願いしてアポをとれば、快く、どんな質問にでも応じてくれますからね。

職場で答えずらい回答なら、仕事が終わった後に食事にいって話を聞くこともできるでしょう。深い話を聞くことができれば、いくらでも志望動機のネタになりそうですよね。他の応募者が知らないようなネタを集め、それを志望動機や面接試験でアピールすれば、採用担当者からも一目置かれる存在になれるのです。


スポンサードリンク





営業職 事務職・専門職 販売職 職業別 書き方のコツ