薬剤師の志望動機例文【書き方見本】テンプレート

薬剤師の志望動機例文【書き方見本】テンプレート

スポンサードリンク



薬剤師の志望動機例文【書き方見本】テンプレート

薬剤師

薬剤師の志望動機例文1

私は薬学部に在籍中に総合病院薬剤部での実習に参加しました。病棟での服薬指導などに携われると思っていましたが、薬剤部より一歩も外に出ることなく日々調剤室内での実習でした。医療チームのカンファレンスなどの見学もありましたが、薬剤部からの参加はなく、患者さんもフォローできる薬剤師という私の理想からは程遠いものでした。私は学生時代はボランティア活動を精力的に行い、特に障害児が入院する施設に、日々の訓練に付き添ったりしました。障害児病棟では処方箋に基づいて調剤された粉薬をばら撒いてしまったり、のみこめなくて手でかき出してしまう動作も多く、病棟の看護師さんの助手をして、いろいろな工夫をした経験があります。患者さんと家族ぐるみでお付き合いできるということの素晴らしさが、薬剤師としても持ち続けられたらいいと、院外処方のできる保険薬局に就職して、患者さんと家族ぐるみの長いお付き合いで、病状のフォローができたらと思っています。メンタル部分には強く、体力の自信もあります。


スポンサードリンク



薬剤師の志望動機例文2

薬局調剤師の利点は地域の皆さんの生活全般を、長期にわたって垣間見、そして生活の向上がお手伝いできることだと思っています。処方箋を元に調剤をしていくのですが、私は現場に立つことができたら、私個人の患者さんのメモ帳を作って、調剤でお出しした時の日常会話の要点を記録していきたいと思っています。副作用や飲みづらさ、どこまで続けても大丈夫な薬なのか、忘れた時の対処、間はどのくらい空かしたらいいのかしら……お年を召されれば召されるほど、いろいろな質問があると思います。貴調剤薬局は、近隣の病院の在宅治療にも同行に要請があれば薬剤師さんを派遣されているそうですね。私も地域に密着した薬の管理人となりたいと思っています。


スポンサードリンク



薬剤師の志望動機例文3

私は調剤薬局の隣の飲食店の娘として育ちました。大きな病院が近くにありましたので患者さんのご家族も食事に見えることが多く、医療の不満や不可解や、またちょっと気遣いで感激した医療関係の話を小耳にして育ちました。薬学部に在籍中に調剤薬局での実習がありました。その薬局は処方箋を持って訪れる患者さんが異常に多く、待ち時間も必然的に長くなるので、体調の悪いお客さんも多く、笑顔のあまりない、薬剤師たちは流れ作業の一つの歯車のようになっていて、あまり雰囲気の良い調剤薬局ではありませんでした。患者さんと同じ目の高さでゆったりとお話が出来て、服薬指導が出来たらいいのにという思いで実習を終えました。私は大学を卒業して初めの予定通り近隣の調剤薬局に勤めたいと見学をして回りました。その結果、私が理想とするお客様目線で、物の配置が下方にあり、血圧計などゆっくり使えて、体重測定などもあり、ゆったりとしたくつろげるフロアがあり、薬の相談いつでもお受けしますコーナーにいらっしゃる薬剤師さんの笑顔もとても良くて、私も是非貴局に就職したく志望いたしました。

薬剤師の志望動機例文4

私はこれまで老人ホームの付属する病棟薬剤師として勤務歴5年があります。症状が緩和すれば老人ホームで日常の生活ができますので、私も週に半分は老人ホームへ健康管理に出向いていました。喘息になられる患者さんも多く、呼吸器疾患ゆえ吸入薬や酸素ボンベ取り扱いなど、患者さんの理解度が不足していることが多く、目を離せない現状があったからです。この度、新規認定の総合病院付属喘息専門病棟ができる事となり管理薬剤師の募集がありましたので、経験を活かすことができると応募いたしました。私は吸入薬の服薬指導講習会、ガイドラインに基づく喘息治療などの研修は二年連続で受講して終了しております。また幼稚園児の子どもがいますが近隣に実母が住んでいますので、私自身、病棟の夜勤は可能です。

薬剤師の志望動機例文5

私の趣味は図書館通い。そして本の収集です。気に入った本を図書館で見つけては廃刊になっている場合は神田の本屋街まで探しに行くこともあります。主に化学の本が好きです。本は大学時代に使用した調剤学のテキスト、授業でもらった薬品会社のパンフレットなども大事にとってあります。一つの疑問が生じると徹底的に調べることが好きで、医療者向けのパンフレットの一行から、大きな答えを貰ったこともあります。薬剤師の資格を取って卒業してから半年たちますが、大学時代に接客の仕事の体験をしていなかったので、将来病院勤務となることを思い、病院内のレストランで接客体験をしてきました。院内レストランですので、患者さんの雑ごとの意見を垣間見ることが出来て、有意義だったと思っています。また医療チームの一員として薬剤師も参加することが多くなると思いますが、スタッフ間連携なども学ぶことが出来ました。新卒で解らないことが多いと思いますが、探究心と真面目さは太鼓判を押せると思います。

薬剤師の志望動機例文6

私は「かかりつけ薬局」からさらに進化して「かかりつけ薬剤師」になるのが目標です。住んでいる下町が大好きですので、その中で、町を歩いていても声を掛けられる薬剤師になることが目標です。大学の実習で調剤薬局勤務がありましが、真面目に一所懸命に取り組むあまりに、患者さんに大きな声で訊いてはいけないようなことまで質問をしてしまったり、必要以上にフォローをしてしまい嫌がられたりして、指導薬剤師さんから「元気ではつらつとしてまじめに取り組もうという気持ちは買うけれども、もう少し患者さんの持っている背後やその日の気持ちの空気を読んで、メンタル面にも行き届くようになってください」とアドバイスを受けて、今はその言葉を座右の銘にしています。初めての就職になりますが、迷わずに地域に根を下ろす調剤薬局に就職を希望しています。研修会、講習会、学習会などにも月に数回は参加させて頂けるとのことで、学習意欲が増す職場の環境であることも魅力的に思います。頑張って働きたいと思います。

薬剤師の志望動機例文7

私は療養型病院の薬剤師として、薬剤業務や病棟業務を行っていました。治療方法の決まった患者さんに対して同じ医療行為を長期間継続しますので、コミュニケーション期間も長く、家族の方とも密接になり、働きやすい職場でした。しかし、最先端医療情報を受け取ることは難しく、スキルアップの意欲がそがれるようで不安になりました。最終的には郷里の病院に勤務したい希望を持っている私としては、総合病院での経験を積みたいと応募いたしました。より多くの疾患に対処できる薬剤師となれるように、治験薬や専門薬剤師の道も模索しています。貴院は地域に根差した温かい医療がベストの設備の中で受け取れるということです。医療チームの一員となって働きたい所存です。


スポンサードリンク





営業職 事務職・専門職 販売職 職業別 書き方のコツ